行政書士テンポート綜合法務事務所
简体中文English日本語

お知らせ

2019年3月19日

飲食VISA

特定技能飲食店VISA

 

 

深刻な人出不足解消に向けて特定技能、飲食店VISAがスタートしました。

今までは、飲食店で違法に働いている外国人をよく見かけましたが、これからは勉学と就労を分けられます。

取締強化により違法に働けせている飲食店は、摘発対象となる危険性がありますので一日も早く労働状況を改善し適法な飲食店経営に変更した方がようでしょう。

 

 

1、特定技能飲食店VISAの概要

 

国内にいる外国人だけではなく国外からも採用できます。

 

2、対象業種・業務等

  • 対象業種

 

「飲食店」「持ち帰り・配達飲食サービス」

  • 業務内容

 

飲食物調理、接客、店舗管理、原料の調達、受入れ、配達など

 

3、採用できる外国人

【外食業技能測定試験に合格+日本語能力試験に合格】した外国人

 

4、外国人を雇用した企業の条件

  • 風営法関連業務で就労させないこと
  • 直接雇用すること
  • 協議会の構成員なること
  • 外国人を支援する体制があること
  • 支援体制がない場合には、登録支援機関に業務委託契約を結ぶこと
  • 出入国在留管理庁への各種届出を行うこと

 

 

外食業における有効求人倍率は、全産業平均に比べると極めて高い状況にあります。今後も更に深刻な人出不足が予想されますので早急に対策を練り経営を安定させて頂ければと思います。

 

 

24時間・365日
ホームページからのお問いわせ受付中

お電話でのご相談は

月曜〜金曜 10:00〜18:00

 

24時間・365日
ホームページからのお問いわせ受付中

お電話でのご相談は

月曜〜金曜 10:00〜18:00